塗装の必要性

Home塗装の必要性

なぜ塗り替えが必要なのか

木部住宅による木部塗装の部位

建物を塗装するのは、
外壁を綺麗にすると同時に、躯体が腐食してしまうのを防ぐためなのです

こんな自然環境が建物を傷めます

雨・雪/湿気
建物に水が侵入すると、建物の内側から腐食します。

炭酸ガス(二酸化炭素)
コンクリート、モルタルの寿命を縮めます。

厳しい温度変化は、結露を引き起こし建物を腐食させます。

汚れ/カビ/こけ
美観を損ね、人体への環境が懸念されます。
また、建物の腐食を促進させ、寿命を縮めてしまいます。

紫外線
紫外線は建物にとって最大の敵。
直接さらされ続けると、建物が劣化し寿命を縮めます。

大切な家はこんな厳しい自然環境にさらされ、
これらが建物を傷め、腐食させるのです。

塗装、塗り替えこそが、それを可能にしているのです。

  

塗り替え時期とサイン

お住まいの外壁等を一度チェックしてみてください・・・

1.外壁の汚れが目立ってきた
外壁の汚れのなかでも多いのが、コケ・藻・カビ。 これらの育成条件はおおよそPH中性域及び適度な陽光・温度(25~30度)と 湿気がある条件のもとで発生するものです。美観を損ねるのはもちろんですが、 アレルギー感染症を引き起こす等の健康に関わる問題にもなります。  

2.外壁を手でこすると手に粉が付いてくる  
この症状は「チョーキング」といって壁や塗装面に触ったとき、手に白い粉が付く状態。 強力な紫外線が塗装を傷つけるために起こります。このような状態は、 防水機能を維持できておらず、塗装の寿命と思われます。 


3.外壁にひび割れが入っている
外壁によく走るヒビ割れをよく見かけます。これを放っておくと 大変なことに・・・。 大気中の炭酸ガスや水分(雨水等)の浸入により 外壁塗膜や内部を傷めてしまい、建物が早く傷んでしまいます。 放っておかず、早めの処置をお勧めします。

  
4.塗膜がはがれている
建物をさまざまな自然環境から守っている塗膜。それがはがれてしまっている・・・! このはがれた部分から、大気中の炭酸ガスや水が浸入してしまい、内部を痛めてしまいます。 一刻も早く塗り替えることをお勧めします。  


「住まい」も人の健康と同じように「
早期発見」と「早期治療」が基本です。



   

耐久性と耐候性の違い

外壁の種類によって耐久性と耐候性の重要度が違ってきます。

耐久性とは=防水機能

耐候性とは=美観維持性能(光沢率)

モルタル壁の場合は、防水機能重視の塗料を

サイディング壁の場合は、美観維持性能重視の(光沢率)塗料を

お問い合わせ